先輩紹介

今まさに鹿児島くみあい食品株式会社というステージで活躍している先輩社員を紹介します。仕事内容や魅力、やりがいなど語ってもらいました。

直販営業課/杉尾 和彦さん

農家さんの喜びが自分の喜びになる
 
入社:平成18年/所属:青果事業部 直販営業課
 
 入社12年目、34才にして青果事業部直販営業課の係長を担う杉尾和彦さん。現在は関東から名古屋、関西の量販屈を担当し、鹿児島の農産物を売り込みに出向いています。
 やりがいについて、『売り上げ目標の達成や新しい品種の提案はもちろん、農家の皆さんから喜びの声を頂くことですね。相場次第で野菜の価格が低迷する苦労もありますが、売るタイミングを見計らいながら、農家の方々も満足できる売り込みができた時は、本当に嬉しいです」と話してくれました。「
 若い世代が多い、勢いのある会社です。産地や販売先との人間関係を、新入社員と一緒にしっかり築いていきたいです」と、先輩社員としての顔ものぞかせてくれました。

直販営業課/平野 緩子さん

産休・育休を取得。女性が働きやすい会社です。
 
入社:平成23年/所属:青果事業部 直販営業課
 
 「明るくてハッピーな会社ですよ」と話してくれたのは、直販営業課で営業事務を担当している平野緩子さん。入社のきっかけは元々色んなイベントに行くことが好きで、県外に鹿児島の良さを伝えることができる仕事に魅力を感じたから。
 『イベントはお客様と直接話す機会が持てますし、「これ美味しいね」など喜んでもらえることが嬉しかったです。その後、結婚・出産を経て営業事務として時短勤務中の平野さん。
 妊娠が分かったときも、業務の変更など親身に温かいフォローをしてもらえたそうです。「家事と育児だけじゃなく、この会社での仕事があることで、充実した毎日が送れています」と、満面の笑顔で話してくれました。

えい工場/郡山 大樹さん

前向きな姿勢と日々の学びが仕事の糧に
 
入社:平成27年/所属:加工事業部 えい工場
 
 「大学時代は発酵食品科を専攻していました。そこで得た知識を活かしたくて、就職活動1社目で、この会社に決めました」と話してくれたのは加工事業部えい工場の郡山大樹さん。
 現在、黒酢の製造を担当しています。原料となる米や菌を配合し、発酵する過程を直に感じることで、黒酢を【我が子】のように感じているとのことです。
 『大学時代に学んだことを活かせることが嬉しいですね。でも発酵には予想外のことも起きるので、日々勉強です」と郡山さん。
 最後に就職活動の心得とは「自分の【武器】をしっかり把握して、希望する会社で自分が働いている姿をシュミレーションすることも大事ですよ」仕事への姿勢が垣間見えるアドバイスを頂きました。
鹿児島くみあい食品株式会社
〒890-0064
鹿児島県鹿児島市鴨池新町15番地
TEL:099-258-5651
FAX:099-256-8856